・!DOCTYPE html>l アフターピルは着床完了後に服用しても大丈夫?|胎児への影響│アフターピルのアイピル

着床した後にアフターピルを飲んでも効果は得られる?消退出血と着床出血の違いとは?


アフターピルのアイピル > アフターピルは着床完了後に服用しても大丈夫?|胎児への影響

アフターピル着床後の作用

女性ホルモン
アフターピルは通常では考えられないほどの女性ホルモンを体内に摂取する事によって人工的に生理を起こさせる事で排卵をずらし
子宮の中に受精してしまった可能性のある受精卵が入ってしまうのを防ぐ事によって妊娠を回避させる方法です。
なので、妊娠の確認ができた後に服用をおこなったとしても無意味となってしまいます。

そもそも妊娠とは受精後ではなく、子宮に受精卵が付着した事を示しそれを「着床」といいます。
この着床が完了した時点でその受精卵は「胎児」となり、すなわち妊娠が完了してしまった事になります。
このように服用が遅れてしまった、もしくは正しく薬の成分が吸収されていなかった事により着床してしまい妊娠が成立してしまった場合、例え服用をおこなっても中絶とは違い着床の阻止をおこなうために作用するアフターピルを飲んだとしても妊娠を回避する事は不可能となります。

※着床に気付かず飲んでしまっても胎児に影響は無いとされていますが
 念のため検査を受けた方がよいでしょう。

着床の症状

・下腹部の痛みは生理痛と似ているため
 生理前と勘違いしてしまう方も多いようですが
 お腹が重いような感覚になり違和感を感じるという方もいます。
・女性ホルモンの変化によりおりものの量が増える、
 または通常のおりものよりも水っぽくなったという風に変化が表れます。
・風邪に似た症状が表れるという方が非常に多くみられ、
 睡眠は十分にとったはずなのに眠気が覚めない、体内があつくなり熱っぽい、
 ダルさが続いている等がみられます。
・ホルモンの変化により精神的に不安定になってしまい
 イライラや鬱といった事が目立ってくる様になる事があります。
・食欲増減が多くみられる様になります。
 つわりに似たにおいに敏感になり食欲が落ちてしまう方や
 急激に食べる量が増え食べていないといられないといった方まで様々で、
 同じ日でも食べたり食べなかったりの激しい変動がみられる場合もあります。

そのような症状がみられる場合は既に妊娠が完了してしまっている可能性があるため、市販の検査薬で検査をおこなったうえでアフターピルの服用をおこないましょう。

しかし、着床が完了した後においても妊娠検査薬を使用した際に妊娠の反応(陽性)が出ない場合もあります。
このような場合は尿に含まれる妊娠中に出るホルモン分泌の量が着床して間もない為、反応が出ないことやきちんと検査薬に尿が浸透していない事が考えられ、
服用をおこなう以前による行為により着床が完了していた場合
アフターピルの有無に関係なく妊娠の回避はおこなえない
ので、
このような場合は産婦人科へ受診をおこない念のためアフターピルの服用についても伝えましょう。