保険適用外のアフターピルは病院処方だと費用がとても高いですが、海外医薬品の個人輸入だと1/10程度の価格で購入可能です!


アフターピルのアイピル > 病院処方と個人輸入

病院処方と個人輸入の費用の比較

悩んでる風な女性
いざ低用量ピルの服用を始めようと思っても「一体、いくらかかるの?」と、コストが気になりますよね。

病院の処方では、診察を受けてお会計まで金額が分からないところも多いです。

想像していた以上の金額でも、お会計の時に払わないなんて言えるわけもないですしね。

保険の適用がないので正直なところ、考えているよりは高めの価格となることがほとんどです。

しかも、病院ごとで価格が変わりますし、処方される種類によっても価格が大きく左右されます。

金銭的なことで考える女性 全国各地のそれも種類別に薬を紹介するのは難しいので、平均的な価格を紹介します。


低用量ピル
1ヶ月1シート:約1800〜3000円
これに加えて初診料として1000円程度かかります。

すべて合わせると1ヶ月で高くて4000円ほどになります。


アフターピル
これはスゴく高いです。
1錠のみの処方ですが、平均しても1万円を超えることも少なくありません。
低用量ピルと同じように保険の適用がないので、こちらも自費負担での購入となります。

アフターピルの場合には、緊急時のみで常用する訳ではありませんが、低用量ピルは毎日の服用が必要となります。

年間で考えると、48000円ほどかかる計算になります。

女性がパソコンを見ながら商品を電話で注文している ところが、これを海外医薬品やジェネリックに切り替えて個人輸入によって入手した場合にはどうなるでしょうか。

低用量ピルの中でも代表的なお薬である「マーベロン」を基準にして紹介していきたいと思います。

アフターピルは「アイピル」を例に紹介していきます。
診察料などもかからないので、別途かかるものは送料の1000円程度となります。

マーベロンは平均すると、1シートが1000円ほどになっています。
病院処方と比較すると、1/3ほどの価格で購入することができます。

またアイピルは「ノルレボ」のジェネリックになり1錠あたりが800円。
病院処方と比べると、1/10以下の価格での販売となっています。

どちらのピルも成分が病院で処方されるのと同じものになっているので、正しく服用する事でほぼ確実に避妊することができます。

同じ成分を含み、同じ効果を得られるとしたら、必然的にコストを抑えて購入する方が一般的です。

錠剤を片手にコップを持つ女性 他にも複数の種類があることから、1シートのみを購入して自分に合っているピルを服用するのも一つの選択肢です。

またアフターピルに関しては、万一に備えたお守りとして1錠お財布の中にでも忍ばせておくのもアリですね。

購入方法を変えるだけで、大幅に治療費を抑えることができます。
避妊を男性に任せっきりにするのではなく、自分の身体は自分で守るという意識を持ち、日々生活していきましょう。

アフターピルの通販