低用量ピルやアフターピルについて、日本と海外では大きなズレがあります。誤った知識を持たないように正しく認識しましょう!


アフターピルのアイピル > 日本と海外のピル認識

日本と海外のピルの認識や使用の比較

女医と頭を押さえる女性患者
低用量ピルは「高い確率での避妊」「生理トラブルの改善」などを行ってくれるライフデザイン・ドラッグです。

避妊だけでなく、生理時のトラブルを改善することで女性の生活を向上させてくれます。

海外では広く普及されている低用量ピルですが、日本での普及はあまりないといった状態です。

昔ほどではありませんが、未だにピルに対して悪いイメージや誤解を持っている人も少なくありません。

そこでここでは、日本と海外ではピルに対しての認識がどれほど違うのかについて解説します。

これを参考に少しでも普及率が高まるとともに、悪いイメージや誤解が払拭されればと思います。


低用量ピルの普及率
低用量ピルの普及率
フランス 60%
ドイツ 59%
オランダ 49%
ヨーロッパ全体 30%
日本 3%
備考

左図を拝見いただければヨーロッパの女性の半数近くの人が服用していることが分かります。
一方、日本はGDP世界3位の先進国でありながらピルに対しては非常に遅れており、「ピル後進国」となっています。

海外の女性がピルを飲んでいるといっても驚く人は少なく、当たり前のことと認識している人は多いようです。
ですが、日本でピルと服用しているというと「ピル=Hが好き」なんて印象をもたれてしまいます。

まったくの誤解で、正直なところ偏見です。

太るガンになるニキビが増えるは嘘 これ以外にもピルに対しての偏見は多く、1990年代では「ピルが普及するとコンドームの使用率が低下するのでエイズが流行する」なんて意見もあったくらいです。

また、「太る」「ニキビが増える」「ガンになる」などの誤解も生じていて、こうした間違った認識によって日本のピル普及率が低下しています。

しかもたちの悪いことに、日本人男性のピルへの認識は低く、もっと言えば深刻です。

女性がピルを飲んでいれば、「膣内に射精しても大丈夫」くらいに思っている人が多いです。

まず、ピルの服用と膣内射精はイコールにはなりません。
コンドームの使用は、性感染症を予防する上でも大切な役割を担っています。

日本人男性は、一般的な知識として、ここからしっかりと理解するべきです。

また、ピルはニキビや体型が崩れるといった美的な問題を招くと誤解されていますが、反対にニキビなど肌荒れを改善するために処方されることもあるので全くの誤解です。

セクシーな男女 性行為で常にリスクを負うのは、女性です。
イギリスでは無料でピルが手に入ることから、年頃の女性はだれもが服用を考える習慣が根付いています。

これは、身体を守る上でも重要だと認識されている証でもあります。

間違った認識を改善し、正しい知識を得るように努め日本人は男女問わずピルへの理解を深めるべきです。