アフターピル服用後の成功と失敗の見分け方はどうすれば分かる?その期間と対処法とは?


アフターピルのアイピル > アフターピル成功の印は出血の有無|服用からの期間は?

アフターピル成功の目安

成功と失敗
アフターピルは避妊が正しくおこなわれず妊娠の可能性がある性行為から3日以内に服用をおこなう事により
望んでいない妊娠を回避する事ができますが、すぐに目に見えて分かる効果が表れないため
正しく服用をおこなっていてもきちんと回避できているのか..と不安になる方も多いと思います。

しかし、妊娠の回避が正しくおこなえているのかどうかは
服用をおこなった後の出血が起こるまでの期間は正直なところきちんと効果があっとのかという事を知ることはできません。
通常アフターピルの服用後、ホルモンを一時的に上昇させ強制的に生理がくる様にさせます。
そのため薬の作用により服用から3日~3週間ほどで出血がみられるとされています。
この出血は不正出血とは違い普段の生理と同じなので期間も同様に数日間続く事になりますが出血量には個人差があるため、
少量しかみられない場合や普段と変わらないという方まで様々です。

しかし、量に関わらず出血がみられた時点で妊娠は無事回避できたという合図になるので妊娠している確率はありません。
また3週間以上が経過した、もしくは生理予定日を過ぎても生理が来ない際は
きちんと効果が得られず回避に失敗してしまった可能性がありますので検査薬や産婦人科へ行く事をおすすめします。

アフターピルの成功例

アフターピルは服用時間により成功の確率が大幅に変化してしまいます。
そこで、実際に使用し妊娠を回避できた方の服用時間は性行為後どのくらい経過した後なのかを調べてみました。

21歳 女性の場合
生理開始から8日後の生理による出血があまりみられなくなった頃、
コンドームを使用し性行為をおこなったのですが途中でコンドームが破けてしまい行為自体はその場で中断しました。
しかし、生理が終わり頃だった事もあり次の生理が来るまで不安なまま過ごす事はできず性行為から2日後に産婦人科へ行って処方してもらいその場で服用をおこない
服用から8日が経過した時に少量の出血がみられ妊娠は無事回避できました。
(性行為から2日)

25歳 女性の場合
排卵日に性行為をした際、避妊はきちんとしていたのですが
どうやら膣の中で抜けてしまっていたらしく..排卵日という事もあり非常に焦りました。
ですが平日だったため病院へすぐに行く事がどうしてもできず生きた心地がしませんでした。
やっとの思いで産婦人科の診察が受けられたのは性行為から約70時間後で病院の先生も排卵日と重なっていた事もあって曖昧な返事しかいただけず正直半ば諦め気味で服用し3日後の朝に無事生理がきました。
(性行為から約3日)

18歳 女性の場合
付き合っている彼は行為の時何も言わなくても避妊具を着けてくれていたので安心しきっていました。
しかし、行為が終わった際に避妊していなかった事を知らされ怒りと不安で混乱しましたが
携帯で検索していたらアフターピルの事が載っていたので彼にすぐに病院へ連れて行ってもらい薬を出してもらいました。
行為からそれほど長い時間は経っていませんが本当に不安でした。

費用が約2万円ほどかかってしまったうえ、薬の副作用で少し気分不良と頭がぼんやりする様な症状はありましたが、妊娠はしていなかった様で薬を飲んで1週間ほどで出血があり安心する事ができました。
(性行為から1日以内)

このように正しい服用をおこなう事により望まない妊娠は十分に阻止できる可能性があります。
実はアフターピルの効果は3日以内とされていますが、
3日以内に服用した場合と3日以上が経過して服用した際の効果は約8倍も変動してしまいます。
そのような事をふまえたうえで服用期間は3日以内とされているのです。
但し、時間の経過とともにもちろん避妊できる確率も軽減してしまいます。
そのため、避妊に失敗してしまったとされる性行為からなるべく早い時間に飲む事が重要です。
また、服用する薬の種類がノルレボ錠なのかプラノバール錠なのかによっても避妊率に違いがあるのでよく理解しておきましょう。

3日以内に服用した際の妊娠を回避できる確率はノルレボ錠で約85%
プラノバール錠で約57%
妊娠の確率はノルレボ錠で約1%
プラノバール錠で約3.2%とされていますが、
プラノバール錠は2度に分けて服用をおこなう必要があるため飲み忘れや副作用による吐き気により嘔吐してしまうことによって正しい作用が効かず妊娠に繋がってしまう傾向があります。

その事などをふまえたうえで、妊娠の見込みがある性行為後からなるべく早い時間内にノルレボ錠を服用する事をオススメします。
また、服用後の出血が確認される前に性行為をおこなった場合その時の行為によって妊娠してしまう可能性がありますので、出血の確認ができるまで行為をおこなう事は避ける様にしましょう。