中絶は身体に対して大きなダメージを与えます。自分の身体を守るためにもアフターピルを服用し望まない妊娠を回避しましょう!


アフターピルのアイピル > 中絶の方法とリスク

中絶の方法とリスク

顔を覆う女性
人工的に流産させることを「中絶」と言います。
この方法によって妊娠を回避するのは、心身ともに女性に大きな負担をかけることになります。

治療を受ける女性は「恐怖心」が出てしまうこともあります。
また予定外の妊娠によって、1人で抱え込んでしまう女性もいます。

ここで注意が必要なのは、いつでも中絶することが出来る訳ではないという事です。

日めくりカレンダーと女性 中絶する事ができる時期というのは法律によって明記されており、妊娠成立から22週未満とされています。

つまり21週と6日までです。
この期間を経過してしまうと、いかなる理由でも中絶の処置を選択することは出来なくなってしまいます。

心の痛くなる話ですが、14週を過ぎているとお腹の中の胎児はある程度成長してしまっているので薬を用いて人工的に陣痛を起こします。

つまり、中絶といっても一般的な「出産」と変わらない方法で中絶しなければなりません。

苦渋の決断となるはずですが、なるべく早めに決断をしなければなりません。

ソウハ法と吸引法 1人で抱え込むと処置が遅れてしまうケースも決して珍しい話ではありません。
中絶の手術の方法はについては二つの方法が用いられます。

掻爬(そうは)法

スプーン型の特殊な医療器具を用いて、胎児や胎盤などを身体の外へかき出す方法。

吸引法

掃除機のような吸引機で、身体の中の胎児や胎盤を吸い取る方法。

この二つの方法はどちらも保険の適用がありません。
つまり、すべてが自費での負担となます。
病院などでも費用は異なると言われていますが、目安としては7〜20万円となっています。

入院をしたり、持病があったり、正常な妊娠ではなかった場合には更に費用がかかることもあります。

高額な医療費負担となるので、安く済ませようとするケースもあるようですが安易に考えてはいけません。

手術に対するリスクや費用の説明、安全な処置を行ってくれるのかなどを事前に確認し、慎重な病院選びが大切になります。

また中絶が終わってからも注意が必要なことがあります。

それが「後遺症」です。
これらのリスクもきちんと把握しなければなりません。


主な後遺症
後遺症1 妊娠組織の遺残
後遺症2 子宮内感染
後遺症3 子宮穿孔や子宮破裂
後遺症4 子宮頚管裂傷
後遺症5 PTSD(心的外傷後ストレス)

特にPSTDは治療するのに長時間の休養を必要とする場合がほとんどなので注意が必要です。こういった様々なリスクもある処置であることは、知っておかなければなりません。

辛い選択をしなくてもいいように不用意な性行為は避けたり、もし性行為をするとしても普段から低用量ピルを服用したり、避妊に失敗したらアフターピルを用いるようにして自分の身体を守るという事はとても大切です。

ピルに関しての詳細はこちら