避妊薬にはアフターピルと低用量ピルの2タイプ存在します。代表的な低用量ピルとしてマーベロンとトリキュラーが有名です!


アフターピルのアイピル > マーベロンとトリキュラー

代表的な低用量ピル

笑顔な女性とピル
低用量ピルの代表的な2つのお薬を解説していきます。
ここで紹介するのは、「マーベロン」と「トリキュラー」という避妊薬になります。

同じ低用量ピルですが、少し違いもあるのでその点についても詳しい解説を付けていきたいと思います。

21錠タイプと28錠タイプの違い まず低用量ピルの服用の期間ですが、21日28日があります。
これはどの低用量ピルにも共通している1サイクル(1ヶ月)となっています。

21日と28日の違いは「休薬期間」があるかないかです。

1ヶ月を30日として考えると21日の場合には7日間の休薬の期間があります。

ですが、28日の場合には足らない7日分に偽薬(プラセボ)が含まれています。
「偽薬?」と思うのは当然の反応だと思います。
まったく成分が入っていないピルになり、これは飲み忘れを防ぐ為の対策として含まれています。

飲み忘れは妊娠につながる可能性が高まるので、そういった事を回避するために28日タイプが用意されています。

これから紹介する「マーベロン」にも「トリキュラー」にも21日・28日の2つのタイプがあるので、服用する人の生活サイクルや好みに応じて選択する事ができます。
それではそれぞれのお薬の特徴を解説していきます。

ピルの概要について
















マーベロン
これは1相性と呼ばれるピルで、どの錠剤にも同じ分量で女性ホルモンが含有されています。

均等にそれぞれの錠剤にホルモンを含有させることで、飲み間違いを防ぎ、しっかりと避妊効果を発揮させることができます。

これを偽薬を含んだ28日タイプにすることで、はじめての人でも問題なく服用できます。

効果としては、他のピルとは異なることはなく、排卵の抑制、子宮内膜の増殖を防ぐ、子宮頸管粘液の粘度を高めるとなっています。


トリキュラー
これは3相性ピルとしては、代表的な避妊薬になっています。
ホルモンの含有量が3段階に分かれているので、飲み間違えてしまうと避妊効果を失ってしまいます。

デメリットのようにも思えますが、実はそうではありません。
用量を段階ごとに増加させる事によって、自然なホルモンバランスの変化に近づけることが出来るので副作用を軽減させることができます。

ピルの服用経験がある人は、こちらの方が副作用が少なくなることから不快症状に苦しむことなく、適切な避妊が行えるはずです。

効果についてはマーベロンと変わらないので割愛しますが、どちらのお薬も避妊や生理不順の予防など生活向上に役立てられるものですので、しっかりとお薬の特徴や服用方法を理解し、より良い毎日を送りましょう。